口コミで矯正歯科をさがすならドクターぷらざ矯正歯科サーチ 歯科医院検索はこちら>>
矯正歯科検索 歯列矯正情報 矯正歯科相談掲示板 歯科予約システム 歯科ホームページ作成
ドクターぷらざ矯正歯科サーチでは、口コミによる矯正歯科の検索、予約、歯科医師による相談のほか、
歯列矯正や歯並びに関するさまざまな情報を提供しています。

矯正相談掲示板を検索
相談一覧 相談投稿 担当ドクター


 カテゴリ: 【本人からの質問】 矯正治療中の質問
歯の矯正
2009年5月26日(火)11:45:41相談者:ゆうたん 【東京都】 男性 33歳
こんにちは。
10年前に上歯右2番が内側に生えていたため歯医者のすすめで抜歯しました。
ただ以前から歯並び、かみ合わせが気になっており、一週間ほど前から歯列矯正を始めました。(上歯左5番を抜歯して)
その後ネットで色々調べていると犬歯の役目の重要性に気づき、
私のような(犬歯が二番の位置にある)状態の場合どのような治療方法があるのでしょうか。
このまま矯正を続けていくと犬歯が2番のままなので大丈夫なのでしょうか?
よろしくお願いします。

回答 Re:側切歯の位置に犬歯を置いても良いのか?
2009年6月1日(月)17:58:03回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 ゆうたんさん、こんにちは!犬歯の重要性に気づいていただいて良かったです。
 しかし、10年前に、右上の側切歯を抜く前に気がつけば、もっと良かったのですが。

 多分、担当の矯正歯科医からも色々と説明を受けていると思います。重要な事は、すでに無くなってしまった側切歯を悔やんでも仕方ありません。

 文章から推測すると、抜歯した右上側切歯を抜歯する時にはすでに、犬歯はこの抜いた歯の位置にほぼ寄ってきていたのではないでしょうか。すると、この時点で、すでに犬歯は正常の位置にはなく、犬歯本来の働きはしていなかったと考えられます。
 この状態で10年間過ごしてみて、何かひどくお困りになる症状は無かったワケですから、このまま犬歯を側切歯の位置に置いて、その後ろの第一小臼歯を犬歯の代わりに使用しても、今後も大きな障害とはならないと思いますのでご安心ください。

 今回の矯正治療では、それ以外の歯並びや咬み合わせを改善し、左右の非対称を可及的に回復するために、左の小臼歯も抜歯して治療を開始したと思います。とはいえ、すでに左右の歯の種類や大きさのバランスが崩れていますので、完全な左右対称や完全な上下の対合関係を回復する事は不可能です。現在ある歯を使って、歯やあご、顎関節に障害を与えない、最も安定した咬み合わせを得ることが、矯正治療のゴールとなります。

 このように、歯列から飛び出したり、内側にズレているからと言って、矯正歯科治療を前提にしないで抜歯を行うと、どうしても、次善の策を取らざるを得ない状態となります。ゆうたんさんの以外の方で、引っ込んだ歯の抜歯をお考えの方は、ぜひ抜歯する前に矯正歯科医にご相談下さい。




Copyright (C) ドクターぷらざ矯正歯科サーチ All Rights Reserved
www.dp-kyousei.net