矯正歯科検索、歯列矯正情報ならドクターぷらざ矯正歯科サーチ歯列矯正相談掲示板 ドクターぷらざ矯正歯科サーチトップ
歯列矯正相談掲示板「ドクターぷらざ矯正歯科サーチ」

現在48ページ目を表示しています。 相談掲示板トップへ
相談掲示板内検索
相談掲示板内からキーワードで検索します。

噛み合わせ
2006年6月4日(日)13:30:15相談者:匿名
私は18歳の大学生です。
先日、奥歯に痛みを感じたので虫歯だと思って、歯医者に行ったところ、噛み合わせが悪いために、奥歯の数本に負担がかかり、その歯が削れて、痛む層が出ていると言われました。
放置したままだとどんどん悪化するそうなので、矯正を考えています。
私の歯は歯並びはいいのですが、噛み合わせが全体的に悪く、全部を矯正すると70万円ほどかかると言われました。
できれば、痛んでいる奥歯だけを矯正したいんでが、そういうことも可能なのでしょうか?また、そうした場合、費用はどのくらい安くなるのでしょうか?

あとその時、前歯の虫歯も見つかったので、それの治療をしてもらったんですが、神経の近くまで削ったので、もしかしたら数ヵ月後、歯が黄色くなったり、歯茎が腫れるかもしれないと言われました。
もし、矯正治療中にこのような症状が現れた場合は、どうなるのでしょうか?
一旦、矯正を中止してその前歯の治療をすることになるのでしょうか?

回答 Re:噛み合わせで奥歯が削れて痛む場合
2006年6月5日(月)19:19:11回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 こんにちは!初めまして。18歳の大学生で「奥歯の数本に負担がかかり、その歯が削れて、痛む層が出ている」というのは、この先、人生長いですから本当に思いやられれますね!!人生80年は当たり前!あと62年もどうしましょ!!ましてや、1本目の奥歯が生えてくるのは、6歳、2本目の奥歯は12歳ですから、それぞれ12年目と6年目で痛みが出るほど奥歯が削れてしまった事になります。
 咬み合わせが悪いという事ですので、矯正治療の目標は「咬む力を全部の歯が均等に負担するように、咬み合わせを治して、特定の奥歯がひどい障害を受けにくくする」という事になるのではないでしょうか?
 という事は、その奥歯だけを治すのでは全然足りないという事です。
 逆に、痛んでいる奥歯以外の歯をしっかりと咬み合わせるための治療です。その奥歯だけの治療では意味がないのです。
 また、矯正治療中の歯の治療ですが、もちろん可能です。その場合は、装置を外さなくてはならない場合と外さないで応急処置を行う場合があります。いずれにしろ、神経にまで達する虫歯にしないようにする事が重要です。



上唇小帯の切断
2006年6月3日(土)23:28:15相談者:おく
小学校2年生の娘のことです。上の前歯が2本はえかわったのですが、間に少し隙間があり、さらに左の前歯が少々前へ反っています。いきつけの歯科医には、上唇小帯を切ると脇の歯がはえるにつれて隙間もなくなってきて、左の前歯の歪みも治ってくる可能性があると言われました。しかし、娘の上唇小帯は歯茎の下方までのびては無く、正常な位置です。にもかかわらず、切ることによって前歯の並びが良くなるのでしょうか?ちなみに、母親である私は娘同様に左の前歯がほんの少し歪んではえて右側に重なっています。そして、上の歯が出っ歯気味です。娘も私のような出っ歯になる可能性があるのなら、今後矯正をさせる準備は必要でしょうか?

回答 Re:上顎前突の治療開始時期
2006年6月4日(日)15:59:03回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 「おく」さん、始めまして。ご質問ありがとうございます。
 お母さんが「少し、出っ歯ぎみ」であれは、お嬢さんも同じような咬み合わせになるかも知れませんね。
 いきつけの歯医者さんは、現在の状態を少しでもなんとかしようと、小帯の切除を提案されたのだと思います。その先生は矯正歯科医ではありませんので、それ以外の方法をお持ちではなかったのだと思います。
 しかし、小帯の切除では済みそうもない事を「おく」さんは、予感されているようですね!!(笑)やはり、ここはそろそろ矯正歯科専門医で「矯正相談」を受ける時期なのではないでしょうか?
 上の歯が出てしまう原因として、上の前歯が外側へ傾斜していたり、下の歯が内側へ傾斜していたりする「歯性」のものと、上あご自体が前に出ていたり、下あご自体が小さかったり、後方へ回転しながら後退している「骨格性」のタイプがあります。
 この「骨格性」のタイプの場合には、小学校2〜3年生で治療を開始すれば、骨格自体の大きさや成長方向をある程度コントロールすることができる可能性がありま。また、咬み合わせが深いような場合にも、浅くすることで、今後の下あごの前方成長を正常な軌道に乗せる事ができます。
 このように、矯正治療を始める時期としては、そろそろ最適な時期がやってきます。
 そろそろ、「おく」さんやお嬢さんと気のあう矯正の先生を探す時期です。
 良い先生と巡り会う事ができるよう、応援してますヨ!!


Re:上唇小帯の切断
2006年6月4日(日)22:04:35返信者:おく
わかりやすいアドバイスをありがとうございました。近いうちに矯正専門の歯医者さんに相談に行くようにします。

反対咬合について
2006年6月1日(木)23:37:40相談者:匿名
始めまして。高校の健康診断で噛み合わせが反対だと言われました。最初は気にしていなかったのですが、徐々に気になり始めて二十歳になった現在、前の歯4本がずれ、一番前の2本が最大で5ミリ程ずれています。歯並び自体は悪くないので、歯を移動させるスペースが無いのではと逆に心配です。こんな状態でも歯列矯正で治すことは出来るのでしょうか?

回答 Re:反対咬合について
2006年6月4日(日)15:55:19回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 こんにちは。ご質問の意味が「外科的な治療なしで、歯の治療だけで治療できるか?」というご質問なら、お答えは「解りません」です。そうではなく、治療法はさておき「矯正歯科治療が可能か」と言う意味であれば「可能です」。
 問題は、どこに問題があるから「咬み合わせが逆」になっているか?という事です。
 前にも書きましたが、反対咬合を少し乱暴ですが大きく2つに分けて考えると、上の歯が内側へ傾斜したり、下の歯が外側へ傾斜して反対咬合になっている「歯性」のものと、上あごが小さく引っ込んでいたり、下あご自体が大きかったり出ている「骨格性」のものに分けることできます。
 「歯性」の症状に対しては、歯を移動する治療。
 「骨骼性」の症状に関しては、あごの位置を治療するのが本筋です。

 「歯ならびが悪くないのに、前歯で5mmズレている」という事なので、骨格性の要素が強いように思います。
 一度、矯正歯科の専門医に「矯正相談」を受けてみて下さい。もっと具体的な治療の方法についてお話があると思います。料金は数千円から無料の所までと、それほど高いものではありませんので。


連結セラミックについて
2006年6月1日(木)16:09:07相談者:RJ
1週間前に左上の前歯3本に連結セラミックが被さりました。3本の内2本は神経を抜いてません。その日から、冷たい物を飲むとしみます。ただ痛いという程ではありません。セラミックと歯茎の間からは、舌で後ろから押すと唾液が漏れてきます。助手の方は隙間が多少ある方が、洗浄効果があるのでいいとの事でした。私はこの隙間から水が入りしみると思います。痛いと言う程でもないので時間がたてば慣れてくるのでしょうか?(食事をする分には問題はありません)気になりだした他の歯もしみる様になりました。差し歯が合ってないのでしょうか?

回答 Re:連結セラミックについて
2006年6月2日(金)12:46:06回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 RJさん、こんにちは。装着されたセラミックのクラウンについてのご質問ですが、私は矯正歯科治療だけを専門に行っている「矯正歯科医」ですので、ご質問にはお答えできません。まずは、担当医と良くお話し下さい。その上で、解らないことがあれば、このHPでも一般歯科の先生への質問掲示板もあると思いますので、そちらへご質問下さい。

歯の隙間について
2006年5月31日(水)14:57:27相談者:たけ
始めまして。
私は3月に矯正治療を終えたのですが、下の歯の隙間がとても気になっています。歯の上部は隙間はないのですが、歯の根元の隙間が目立つのです。(根元に穴が開いたような状態)ネットで矯正をされた方の写真を見ていると、通常下の歯は内側に傾斜しているようですが、私の歯はまっすぐと上を向いています。
それが原因なのでしょうか?隙間が出来やすいのではないかと終えたばかりなのにとても心配です。又上の歯を突き上げるような形なので、上の歯並びに影響しないでしょうか?担当の先生にまず聞いた方がいいかとは思いますが、セカンドオピニオンとしてのご意見をお聞かせください。宜しくお願いします。



回答 Re:歯の隙間について
2006年6月2日(金)12:41:15回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 たけさん、こんにちは!歯の隙間と書いていらっしゃいますが、歯と歯はしっかり接触しているが、ハグキ側に隣の歯と三角形の隙間が生じているという事だと思います。
 これは、歯の形態が咬む側が歯冠の幅があるにもかかわらず、根に近い側に向かうに従って、だんだん細くなるためです。この隙間は歯の傾斜や咬み合わせとは無関係です。
 普通はこの三角形の隙間にハグキが入り込んで隙間がなくなっています。
 従って、このハグキの形が三角形でなく、真っ直ぐになっているのが、この隙間の原因です。
 歯周病(歯槽のうろうと呼ばれる)の治療では、ハグキの腫れや炎症が治まりしっかり締まってくると、この空隙が出現してきます。しかし、歯周病の先生方はこの隙間はほとんど気にしませんし「清掃の適した形態」としてむしろ歓迎します。
 また、インプラントなどを専門にされている先生方はインプラントを植立した後のハグキの形態をとても大切にされます。たけさんがもし「根元に穴が開いたように見える空隙」がとても気になるようでしたら、ハグキの小さい手術をして形態を整えることもできると思います。
 この空隙自体と前歯の突き上げはあまり関係ありませんが、もし咬み合わせが強く当たっているようでしたら、担当の矯正医に早めにご相談下さい。

 また、少し話しは脱線しますが、この掲示板に私が書いているものは「セコンドオピニオン」ではありません。私自身は患者さんを拝見している訳でも、検査した訳でもありませんので、きちんとした医学的根拠に基づいた意見とは考えないで下さい。
 むしろ、どうして良いは解らないで困っている患者さんに、アテンド(付き添い)して、問題の解決の糸口を一緒に考える、通訳けん相談相手というスタンツが最も正しいと思います。私がここで書いているような事は、担当の先生にお聞きになれば5分で済むことですよ!(笑)

子供の受け口治療
2006年5月30日(火)11:04:07相談者:しの
小学6年の男子。受け口で上の歯がすきっ歯だったので地方の大学病院歯科で相談したところ、まず、犬歯の出る場所をあけるために上あごをひろげ、上の歯をワイヤーで隙間を無くして前にだし、上の歯が前にでるようにして一度治療を終えて成長によるあごの状態を観察していくという方針でこちらも納得し、5ヶ月ほど治療しました。ところが転勤で東京に引っ越すことになり、同じ国立の大学病院に転院して話を聞くと、前の治療と全く異なりあごの骨を削る手術が前提の治療になるというのです。男の子だし、本人がのぞむのであれば別ですが、私は健康上問題のない現在手術は考えていません。とりあえず、歯並びを整え今できる程度に受け口が改善できればそれでよかったのですが、最初の先生の方針で治療を受けるのは無理でしょうか。

回答 Re:子供の受け口の治療
2006年6月1日(木)10:21:18回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 「しの」さん、こんにちは!子供の受け口の治療についてのご質問ありがとうございます。わずか一年の間に、治療方針が歯の治療から手術という事になり、とても驚いていることと思います。
 まず、この治療方針の変更について、想像ですが言い訳をさせていただきます。

 子供はいつまで子供ではありません。どんどん身長が伸び、永久歯がどんどん出てきます。この成長が大きなキーポイントになります。特に、男の子の場合は小学校6年生から中学校1年生にかけて、年間10cmくらい身長が伸びる「思春期性のスパート」と呼ばれる時期があります。この身長が伸びる時に、下あごも大きくなります。しかし、上あごはあまり大きくはなりません。従って、身長が伸びる時に下あごがどんどん出てきてしまう事があります。
 もう一つ、反対咬合の原因から治療法について考えなければなりません。
 反対咬合を少し乱暴ですが大きく2つに分けて考えると、上の歯が内側へ傾斜したり、下の歯が外側へ傾斜して反対咬合になっている「歯性」のものと、上あごが小さく引っ込んでいたり、下あご自体が大きかったり出ている「骨格性」のものに分けることできます。
 今回の、以前の大学病院と新しい大学病院の治療方針の違いは、この成長による変化によって、「歯性」の要素がみられていた症状が「骨格性」に移行したためと考えられます。
 以前の「歯による治療」をお望みなことは十分理解できますが、症状が骨格性の要素が強くなって来たわけですから、「あごの骨格を治す治療」をしなければならない事もご理解下さい。

 しかし、だからと言って小学校6年生から将来的に手術というのも結論を急ぎ過ぎのような気がします。確かに現段階では、東京の国立大学の先生がおっしゃっているように「骨格に問題のある下顎前突症例は成長の終了を待って外科手術」というのが一般的です。
 ここからは私ごとで恐縮です。
 私が矯正を習った先生が「上顎前方牽引装置」という、上あごを前方へ移動する技術のオーソリティだったので、当院では中学生までこの装置を使用して骨格性の問題を解決しようと頑張っています。もし、興味があれば治療例をお見せする事ができますので、札幌までお越し下さい。最近はエアドゥーとスカイマークエアラインのおかげで、札幌ー東京間の航空運賃が非常に安くなっていますので、札幌ラーメンと食べに来るついでに、当院にもお越しいただければ、もう少し希望が持てるかもしれませせん。
 こういうのを「我田引水」というのでしょうか(笑)?
 ちょっと言い過ぎたかもしれませんが、「しの」さんの謎が少し解けていただければ幸いです。


中切歯の位置について
2006年5月29日(月)00:38:55相談者:匿名
7歳の子供です。上の中切歯がかなりぐらぐらしていたので糸で引っ張ったりして何回も(2週間くらい前から)抜こうとしました。本当に力を入れてがんばっても抜けないのでしばらくしてから・・・と様子を見ていたら最後にがんばった日から約5日後に歯ぐきのかなり上から歯が出てきてしまいました。すごく変な位置だったのでびっくりしました。再度糸で抜こうとするとあれだけ頑張っても抜けなかった歯がすぐに抜けました。例え一週間前に抜けていたとしても同じ場所に中切歯が生えてきたのでしょうけど、とにかくすごく上の位置から生えてきたのでびっくりです。もちろんすぐに歯科医に行かないといけないのでしょうが、矯正のことも頭に入れておかないといけないのでしょうか?
子供約一年前に転んで今回問題の歯を強く打ち、前に歯科医から歯の色や歯ぐきの痛みのない口内炎のような出来物から判断すると神経が死んで知るのかもしれないと言われたことがあります。何か関係はありますか?
下の中切歯は2本普通に生えてきています。とにかくすごく上の位置から生えてきたので将来的に心配です。

回答 Re:中切歯の萌出位置異常
2006年6月1日(木)10:18:56回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 始めまして。まず始めに、それほど心配しなくても徐々にではありますが、正常な位置に近づいて来るはずです。ですから、今の位置が最もひどい状態と考えて良いでしょう。
 しかし、完全には正常な位置には戻らないと思いますので、将来的には矯正治療も視野に入れて置いた方が良いでしょう。
 これは想像ですが、神経が死んでしまうほど強く乳歯の前歯を打ったという事なので、その時にその打った乳歯の根の先端付近にあった永久歯の「歯胚」(歯の芽)が外側へ傾斜してしまったのでしょう。
 歯の芽である「歯胚」はぶどうの一玉の中に歯茎から上の歯冠と呼ばれる部分だけが(根がまだできていない)フワフワと浮いているような状態で存在します。従って、乳歯を強く打つと。乳歯の根がこの歯胚を押して、中の歯の芽の方向は容易に変わってしまいます。
 多分、とんでもない所から永久歯が出て来たのはこのためと思います。むしろ、歯の向きが外側へ向いたのはラッキーだったと考えた方が良いと思います。これが内側へ向いてしまうと、前歯が一本いつまでたっても出て来ない状態となって、引っぱり出さなければならなかったり、裏側の歯茎から出てしまったりして、もっと大変な事になっていたかもしれません。ただし、根の先端が前後的に曲がって形成される可能性がありますので、歯並びを治す時には注意が必要です。
 すぐにではなくても良いですから、一度、矯正歯科を専門にしている先生に診せていただき、話を聞いておいた方が良いと思います。治療すればほとんどの方がほぼ完全に治りますのでご安心下さい。


歯の矯正で顔の骨が
2006年5月28日(日)17:54:23相談者:歯の矯正
2年前から歯の矯正をしている15歳なのですが歯の矯正をしてから顔の骨がいたくなります(骨が動いている気がする)。医師にも相談したのですがわからずどうしていいのか、わからない状態です。なぜそうなるのかとか知っていたら教えていただきたいです。

回答 Re:歯の矯正で顔の骨が痛い
2006年6月1日(木)10:14:33回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 こんにちは!ずいぶん困られているようですね!
 でも、ごめんなさい。私には、顔の骨が痛い原因はわかりません。
 矯正治療が原因であるようにお考えのことと思いますが、一度大学病院などで痛みの原因を徹底的に検査されるのが一番良いと思います。大学病院にはペインクリニックと言って、痛みを専門の研究されている部署があります。確か麻酔科の先生が中心になって構成されていると思います。矯正治療にこだわらずに、神経痛やウイルス感染などにも検査の範囲を広げて、なんとか早く痛みが楽になることをお祈りしております。


抜歯するかどうか…
2006年5月27日(土)19:34:17相談者:なお
11歳の息子の矯正を考えています。上下の噛みあわせが深く、下の前歯はほとんど見えません。そのためか下の6本の歯が奥歯より長く、下の歯並びががたがたです。1件目の歯科では5番目の歯を上下左右4本抜いて矯正(19ヶ月かかる)すると言われました。将来親知らずが生えてきたときに並ばないからだそうです。2件目の歯科では噛み合わせが原因なので、抜かずに矯正(12〜15ヶ月かかる)出来るといわれました。ただし親知らずが生えてきたときには抜いたほうがいいと言われました。あごの大きさは普通だそうです。今、抜歯して治療したほうがいいのか、どうか悩んでいます。

回答 Re:抜歯するかどうか…
2006年5月30日(火)11:06:00回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 「なお」さん、ご質問ありがとうございます。
 息子さんは「過蓋咬合」と言われる症状で、歯並びの悪いタイプのようですね。
 文面から察すると、2つの診療室の治療方針の違いは、5番目の上下左右の歯を抜歯するか、親知らずを抜歯するかの違いのようですね。
 少し、見方をかえると5番目の歯か親知らずかのいずれかは抜歯しなければならないということです。
 しかし、抜歯の時期は5番目の歯を抜くのはすぐだし、親知らずの場合は数年後のことです。勿論、患者さんにすれば、歯を抜くのはイヤだなーというお気持ちはわかります。

 今、大切なことは、5番目の歯を抜いた場合と抜かない場合には、仕上がりはどのように違うのかということです。この点をお2人の矯正の先生に聞いてみて下さい。
 たいして違いがないようであれば、もちろん抜かない方が良いでしょう。しかし、前歯が出過ぎになってしまうようなら、抜歯した方が良いでしょう。
 また、私のよくやる手ですが、ヘッドギアーなどのヘアバンドのような装置を使用して奥歯を後退し、できるだけ抜かないで治療ができるのもこの時期です。この方法だと歯を抜かなくても、前歯の位置まである程度コントロールすることができます。しかし、この方法の欠点として、2番目の奥歯(第二大臼歯)が出て来ずらくなることがあることです。どのような方法にも一長一短所があります。人生も矯正も「楽ありゃ苦もあるさ」というところですね!(笑)
 息子さんの年齢は、まだこれから成長がかなり残っている時期であり、その点にはどのようなお考えを持っているのかも、お二人も先生にぜひお聞き下さい。
 上記、2点のお答えを聞いてから、どのような治療を受けるのかを決められるのをお薦めします。


Re:抜歯するかどうか…
2006年5月30日(火)16:34:20返信者:なお
お返事ありがとうございました。もう一度、お二人の先生の意見を聞いて、納得してから始めたいと思います。質問する要点を教えていただいて、助かりました。ありがとうございました。

抜歯せずに…
2006年5月26日(金)22:14:55相談者:ぽぽろん
はじめまして。矯正を始めました。今大臼歯に金属のリングをしています。小臼歯を抜歯してワイヤーをします。私の場合、奥歯も移動させます。が、治療計画書に、私の「上顎の大臼歯は上顎洞底皮質骨に接しているので移動が困難な場合がある」とありました。なので、奥歯がきちんと移動するかが不安です。抜歯するのに勇気がいるのも正直なところです。抜歯を後回しにして、先に大臼歯の移動だけでも出来るのでしょうか?無事にある程度移動してから小臼歯を抜歯してからレベリングする‥これは可能ですか?もちろん担当医に聞くべきことなのですが、一般的には可能なのでしょうか?また、こんなわがままは許されることなのでしょうか?

回答 Re:大臼歯の移動と皮質骨
2006年5月30日(火)11:02:56回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 「ぽぽろん」さん始めまして!とても高度なご質問ありがとうございます。今、我々専門医の間でもホットな話題で、私もとても興味のある分野です。
 ものすごく最先端ハイテク機器をお持ちの先生の所で治療を受けられるようで、とてもうらやましいです。最近、コンピューター断層撮影が非常に進んでおり、今まで見えない所まで見えてしまうようになりました。大臼歯の移動を心配されているようですが、普通の診療室では見えない所までしっかり見ながら治療されるわけですから、安心して治療をお任せしても良いのではないでしょうか?
 この分野では、昭和大学の槙先生(矯正歯科学教室教授)が専門家です。

 抜歯する前に大臼歯を動かす事ができるかどうかというご質問ですが、大臼歯を移動するための治療なのでしょうか?歯並びを治したり、前歯を後退する時に大臼歯の移動も必要になるという意味だと思います。この全体の歯の移動の際に、大臼歯が移動しにくい「可能性」もあるという事なので、全体の治療の前に奥歯だけ移動するというのは、カレーライスを作る前に、お芋が煮えてるかどうか心配しているようなものです。治療の途中で問題が起こった時に、どのような対応があるか考えるべきでないでしょうか?
 現在診ていただいている先生は、きっと同じような症例をお持ちと思いますので、ぜひ一度ゆっくりとお聞き下さい。
 「上顎の大臼歯は上顎洞底皮質骨に接しているので移動が困難な場合」には、どのように対応されるのか、ぜひ私にもお教え下さい。
 また、書き込みをお待ちしております。

Re:抜歯せずに…
2006年5月31日(水)21:56:39返信者:ぽぽろん
最先端ハイテク機器ではないです。普通にパノラマやデンタルのレントゲンですし、骨格のレントゲンも普通のだと思いますよ。
そうですか、カレーライスを作る前にお芋が煮えているか心配するようなものですか。取越し苦労というやつですね。

回答 Re:抜歯せずに…
2006年6月1日(木)10:33:57回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 お返事ありがとうございます。
そうですか!普通のレントゲンだったのですね!
 私はてっきり、コーンビームCT(CB-CT)をお使いの先生かと思ってました。この装置を使うと骨と歯の位置関係が非常によくわかり、我々がいかに骨の幅ぎりぎりで歯の移動を行っているかが、寒くなるほど良くわかります。
 では、私の方もとりこし苦労だったようですね!(笑)
 しかし、これを心配されている先生の臨床的根拠もしっかりあるはずですので、ぜひ次回お聞きして、ご回答をお教え下さい。


削除するメッセージにチェックを入れて パスワードを入力して「削除する」を押してください

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54
現在48ページ目を表示しています

Copyright (C) ドクターぷらざ矯正歯科サーチ All Rights Reserved
www.dp-kyousei.net