矯正歯科検索、歯列矯正情報ならドクターぷらざ矯正歯科サーチ歯列矯正相談掲示板 ドクターぷらざ矯正歯科サーチトップ
歯列矯正相談掲示板「ドクターぷらざ矯正歯科サーチ」

現在47ページ目を表示しています。 相談掲示板トップへ
相談掲示板内検索
相談掲示板内からキーワードで検索します。

妊娠中の歯列矯正
2006年7月7日(金)22:47:19相談者:はる
歯列矯正をすぐにでも始めようと思っていますが、妊娠予定(しているかも)です。妊娠出産中に矯正治療でレントゲンや麻酔、薬の服用などは頻繁にありますか?

回答 Re:妊娠中の歯列矯正
2006年7月9日(日)17:37:40回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 はるさん、こんにちは!妊娠と矯正治療のご質問ありがとうございます。
 まず、レントゲンですが、これは精密検査の際に必要です。従って、矯正治療を開始する時に複数枚撮影しますので、明らかに妊娠していない時期に精密検査を行えば問題ないでしょう。初診時の精密検査以外のX線撮影は異常な痛みや何か問題が起こった場合でなければ、あまり撮影する事はありません。また、X線撮影にはほとんどの医院で「放射線防護衣」というエプロン式の鉛の入ったマントのようなものを着て撮影していますので、頭部以外への影響は自然放射線とあまり変わらないくらい小さいものです。この「防護衣」は歯科ならではのもので医科では使用していません。少し、ビックリですがそのくらい歯科ではX線に気を遣っています。従って、あまり気にされないのであれば、いつでもOKです。反対に気にされる方の場合でも、「明らかに妊娠していない時期」であれば問題はありません。

 麻酔や投薬ですが、これは矯正歯科ではほとんど使用しません。治療初期に抜歯が必要になった時のみです。これも「妊娠してないとわかる時期」であれば問題ありませんが、すでに妊娠してしまってから、歯の麻酔や抗生物質、痛み止めなどの胎児に対する影響は、詳しくは専門の口腔外科の先生にお聞きになった方が良いでしょう。しかし、これまで妊娠中のため、抜歯できないと言われた事はありません。

 さらに、妊娠中の歯の移動に関しては、ほとんど問題ないと言って良いと思います。
 ただ、「つわり」などがひどい場合、通院が困難になったり、歯磨きがおろそかになると、歯グキの炎症や虫歯の問題が生じてきます。この時期には、積極的な歯の移動は行わないとか、抜歯を少し先に延ばすなど、うまく乗り切って下さい。
 出産1か月前までは、通院も可能ですが、臨月と出産後2、3か月はしばらく通院できなくなると思うので、この時期にも一旦歯の移動を中止する場合が多いです。

 このように、矯正治療と出産は必ずしも両立しないことはありません。注意深く、少し時間をかけて行えば、お母さんにもお子さんにも、大きなリスクを生じることはないと思います。当院でも妊娠中の矯正治療は数多く経験しています。
 詳しくは、担当医へおたずね下さい。

抜歯か、削るか
2006年7月5日(水)06:59:24相談者:かれん
はじめまして。
丁寧な回答を拝見しました。とても初歩的な質問なのですが、相談させていただけますか?
私は28歳で、歯列矯正のために、2箇所歯科を訪ねましたら、
1、4本抜歯するか、(これを強く勧められました)
2、一本抜歯するか (これではかみ合わせはぴったりしなくなる、と説明されました。
3、何本かの歯を4分の一ミリづつ削るか、
と言う3つの選択を説明されました。
1,2は歯科A から、歯科Bは"レントゲン、写真、モデルを作ってからもっと詳しく話ができる、と前置きされてから、抜く(どの歯かは言われず)そして削る方法を説明されました。
削ることによるリスクはどのようなことがありますか?
健康な歯を矯正の為に抜く事、または削る事の、メリット、デメリットそして、将来の歯へのリスクをお教えください。
今までの相談内容を読んで、抜かないというのが一番良い、というわけでは無いことはわかりました。
でも、削ると言うのは・・?
お返事をお待ちしています。よろしくお願いします。

回答 Re:抜歯か、削るか
2006年7月6日(木)21:07:40回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 かれんさん、こんにちは!「抜歯か削るか?」のご質問ありがとうございます。
 抜歯と歯を削る場合のメリットとデメリットですが、少し見方を変えて、ではなぜ歯を抜いたり、削ったりしなければならないのか?という所(診断)から考えてみましょう。

 歯を抜いたり、削ったりしなくてはならない理由は大きく分けると2つです。
 一つは歯並びを真っ直ぐに並べるためです。
 今、歯並びがひどくデコボコの方がいたとしましょう。この方に歯にブラケットをつけて、何も考えずに柔らかいハリガネから徐々に太くして行くと歯並びはだんだんに真っ直ぐになってきます。しかし、前歯がどんどん出っ歯になってきます。イメージがわいて来たでしょうか?
 歯が大き過ぎて、歯並びが悪い場合に無理に並べると出っ歯になってしまいます。
 このため、歯の本数を減らして、このスペースを利用して真っ直ぐに並べると、出っ歯にならずに済むわけです。
 抜歯が必要なもう一つの理由は、前歯を後退するためです。
 上下の歯並びは真っ直ぐで、デコボコはぜんぜんない人でも、上の歯が出過ぎになっている方がいらっしゃいます。この場合は、犬歯の後ろの歯などを抜いて、この隙間に前歯を後退して出っ歯を治すわけです。

 従って、抜歯か歯を削ることが必要と言われたという事は、歯並びを直すスペースが足りないか、前歯を後退する必要があるということです。
 ここで、左右2本の小臼歯を抜いた場合には、一本の大きさが約7mm程度ですから、左右で14mmのスペースを使用できます。このうち、歯を真っ直ぐに並べるために6mm、残った8mmで前歯を4mm後退できるという事です。
 一方0.25mmずつ何本か削ったとしましょう。一本の歯の左右2個所を0.25mmずつ落とすと1本で0.5mmのスペースが作る事ができます。前歯6本を全部削ったとしても3mmのスペースしかできない訳です。これでは、現在の前歯の位置をキープすることもできない事になります。さらに、あと4本削ったとしても、現在の前歯の位置をキープするのが精一杯で、前歯は後退できない計算になります。

 従って、スジを通して考えれば、真っ直ぐに並べるために必要なスペースと前歯を後退するために必要なスペースを足したものが、4〜5mm以上であれば抜歯した方が有利です。この数字はその先生によって異なりますので、絶対的なものではありません。
 歯を削る方法もそれほど悪くはありません。私も歯の大きさに左右差があったり、ほんの少しスペースが欲しい時には削らせていただきます。しかし、どうしても歯の形が細くなってしまったり、エナメル質が薄くなる、あるいは隣の歯との接触が点や線ではなく面になりやすく、いずれにしろ、たくさんは削る事はできません。

 抜くは削るかは、方法論です。
 <前歯をどのくらい後退したいのか?>ということが、抜くか削るか判断の診断における分かれ目になる所です。
 しかし、患者さんによっては「できるだけ歯は抜きたくない」「歯を抜かない先生が良い先生だ」という評価をされるた方が結構たくさんいらっしゃいます。この辺を考慮して、抜く本数を減らしたり、削って済ませる努力はしなければなりません。
 我々は専門家ですが、治療は患者さんの気持ちを一番に考えなくてはならないのです。

 4本の抜歯を強く勧められたという事ですから、かれんさんの場合は診断上は抜歯が有利なのだと思います。
 次回、矯正歯科にご来院の際には、歯と抜いた場合と削った場合で仕上がりにどのような差がでるのかをお聞きしてから、判断した方が良いでしょう。

Re:抜歯か、削るか
2006年7月7日(金)05:01:03返信者:かれん
とても丁寧な回答、ほんとうにありがとうございました。数字で説明していただいたところなど、深く納得できました。小さな町に住んでいるので、矯正歯科の選択が二箇所しかなく、誰に聞けばよいのか悩んでいたところでした。二箇所ともドクターは、初回の相談では”レントゲンを取らない限り”あまり込み入った説明はまだできない、とされていたので。小笠原先生のアドバイスを踏まえて、レントゲンを取りに行きます!
ありがとうございました。またなにかありましたら、頼らせていただきます。素早いアドバイスに感激しました。

回答 Re:抜歯か、削るか
2006年7月9日(日)17:42:08回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 レスありがとうございます。
 少しでもお役に立っていただけると嬉しいです。
 矯正治療は辛い事もありますが、頑張った達成感も治療された方でなければ味わえません。
 ぜひ、ベストのコンディションのスマイルをゲットして下さい。

タイトルなし
2006年7月4日(火)21:39:18相談者:ショック
小学1年の息子なんですが、反対交互と診断され永久歯も生えてきているので今現在上の前歯を2本抜いてもらっています。行きつけの歯科医に矯正歯科を紹介してもらい7月末に予約をしたのですが、半月も待っていると2本のうちの1本の永久歯が完全に生えしまいそうで…。生えてしまったら矯正の仕方が大変になってくるのでは?という心配があります。それと、矯正は保険がきかず高額だと聞いています。状態にもよると思いますが、だいたいどれくらいかかりますか?それから期間はどれくらいになりますか?一度矯正すると大人になっても大丈夫ですか?子どもに辛い思いをさせるのか…と思うと母としてすごくショックです。少しでも行く前に知識を入れておきたくて…。お返事よろしくお願いします。

回答 反対咬合と言われてショック
2006年7月5日(水)16:33:28回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 ”ショック”さん、こんにちは!
 「子供に辛い思いをさせるのか…と思うと母としてすごくショックです」という言葉に私の方がショックをうけました。何か、我々矯正医が悪い事をしているようで…。
 反対咬合をきちんと治してくれるお母さんで、お子さんは感謝してくれるはずです。
 人生何も辛い事がない事を願うのは親として当然かも知れませんが、人間必ず何かあるものなのはお解りのことと思います。矯正治療が必要なくらいでショックをうけないで下さい。少しも急いだり、アセル必要はありませんので、ゆっくり、しっかりと構え直して下さい。
 「半月も待っていると2本のうちの1本の永久歯が完全に生えしまいそうで…。生えてしまったら矯正の仕方が大変になってくるのでは?」と言うことですが、そんな事は全然ありません。ご心配でしたら、矯正相談の日をもっと早くしてもらう事もできるはずですので、もう一度矯正歯科へご連絡下さい。
 料金や期間、術後の安定性は、私が診せていただいている訳ではありませんので、ここで適当にお答えする方が、後で問題を生じる元になる可能性がありますので、お答えは差し控えさせていただきます。矯正相談の時に担当医からお聞き下さい。
 ご心配のようなので、早く矯正相談を受けられて、そこで解らない事があれば、またご質問をお待ちしております。


Re:ありがとうございました。
2006年7月5日(水)22:06:15返信者:ショック
すみません。何か痛いとか口が切れるいうイメージがあったものですから…。半月待っても大丈夫だということなので安心しました。焦らずゆっくり、しっかりと構えます!!ありがとうございました。

回答 反対咬合と言われてショック
2006年7月6日(木)20:23:36回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
お返事ありがとうございます。
 ご理解いただき、嬉しいです。
 いちがいに「反対咬合」と言っても、上下のあごの骨の位置自体に問題がある方と上下の前歯の傾斜によって反対咬合になっている方では、治療方法も期間も、その後の管理も大きく異なります。さらに、舌の癖や口呼吸などが原因の一つになっている場合もあり、反対咬合だけでは、どのようにアドバイスして良いか解らなかったので、ごめんなさい。
 矯正相談に行って、まだ解らないことなどがありましたら、ぜひまた書き込んで下さい。お待ちしてます。

歯が抜けた
2006年7月2日(日)17:05:40相談者:歯抜け
もうすぐ3歳になる子なんですが、家の中で遊んでいたところ、物にぶつかり右前歯が折れずに抜けてしまいました。
血は止まりましたが、今後に支障はありますか?

回答 Re:歯が抜けた
2006年7月5日(水)16:08:27回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 こんにちは!「歯抜け」さんとは、すごいハンドルネームにびっくらです。
 さて、3歳といえば、乳歯も全て生えそろって「赤ちゃん」から「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」になる時期です。この時期に前歯を失って「歯抜け」になってしまったのは、本人が一番ショックを受けているのではないでしょうか?
 発音はしづらいし、ごはんも食べにくいと思いますよ!とてもかわいそうな事になってしまいましたね!!でも、あと3〜4年ほどで永久歯の前歯が生えて来ますので、その間をなんとか、うまく乗り切りましょう!
 さて、今後生じる可能性がある障害ですが、前歯が一本欠損した事により、噛み切る機能が低下したり、これを補うような悪い癖が出現することもあります。また、外傷で乳歯が脱落する時に永久歯の歯胚(歯の芽)の方向がズレたりしている可能性もあります。
 「右前歯が折れずに抜けた」とありますが、根の部分で折れている可能性もありますので、なるべく早くかかりつけの歯科医か小児歯科などを受診することをお薦めします。


保険について
2006年6月29日(木)04:36:30相談者:田川
当方成人男性ですが、歯列が前後にデコボコで見苦しいのと、舌の同じ場所がいつも口内炎のように荒れてしまいます。歯の凹凸に沿うように、舌の形状がデコボコしてしまっています。舌ガンの原因にもなる、と聞きましたので矯正を考えているのですが、いかなる理由でも矯正については保険はきかず、全て費用は自己負担になるのでしょうか? もし保険がきく矯正があるとしたら、どのようなケースでしょうか? 

回答 Re:保険について
2006年6月29日(木)11:35:21回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 田川さん、初めまして。私の一番嫌いな保険の話ですが、わかる範囲でお答えします。
 現在の所、先天異常(唇顎口蓋裂や○×シンドロームなど)のある方と外科手術を必要とするような「顎変形症」の方の矯正治療の場合には健康保険の適応となります。
 また、今年から施設基準を満たしており、法律で認められた医療機関でしか保険での矯正治療は行えなくなりました。
 田川さん場合には、文面から推測する限り、やはり保険は効かないと思います。
 ただ、矯正治療は一生に何度も受けるものではありません。歯並びが悪いことで、これから起こる歯周病(歯槽膿漏など)や虫歯のリスクを減らす事を考えるとそれだけの価値はあると思いますが、いかがでしょうか?

Re:保険について
2006年6月30日(金)01:53:12返信者:田川
ご丁寧に有難うございます。
そうですね、何回も受ける訳ではないので、
ご意見真摯に受け止め、近所の歯科医を探してみます。
有難うございました。

どう思うのでしょうか?
2006年6月20日(火)03:08:16相談者:柴田
1年前職場の方に親切な歯医者があると聞いて7年振りに行ってみました。
とても親切でスタッフのみなさんが優しくて痛みもなくとても気に入りました。
ただ仕事が忙しく行く暇もなく半年が過ぎ気がつけば1年も経ってしまいました。
今根の治療の最中で詰め物が奥まで入ってしまっています。
でも歯科医院を変えるのは嫌なのです。
もし今また予約などしたら怒られたりしますか?
そう思うと気まずくて行きづらいのです。
こういう患者を先生はどう思ったりするのでしょうか?

回答 Re:どう思うのでしょうか?
2006年6月22日(木)21:31:08回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 柴田さん、こんにちは!!
 結論から言うと、ご心配には及びません。
 私ならむしろ、「怒られるのを覚悟で、ちゃんと自分の所へ戻ってきてくれて」嬉しいと思いますよ!こんな悪い患者さんを歯医者はどう思うのだろうと心配されるよりも、治療途中で放り出した歯が、これからちゃんと保つかどうかを心配された方が良いです。
 我々は、歯を治して、きちんと咬めるようにするのが仕事ですから!!
 多少、小言を言われるのは覚悟して、大至急、治療を受けて下さい。

乳歯の黒い汚れ?
2006年6月19日(月)15:18:46相談者:りょう
2歳の子供の歯です。下の前歯の内側よりの正面に、鉛筆をねかせ気味にして軽く紙を擦った様な黒い汚れがあるのに気付きました。爪で引っかいても取れません。痛みはない様ですが、これは虫歯なのでしょうか?受診が必要でしょうか。

回答 Re:乳歯の黒い汚れ?
2006年6月22日(木)21:28:01回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 りょうさん、こんにちは!私も専門ではありませんが、開業以来15年ほど、毎月のようにこの地区の保健センターで1歳6か月検診を担当させていただきましたので、お答えさせていただきます。
 乳歯の着色は
1.茶渋などの外来性の着色。歯ブラシや家庭用の器具で多少擦ったくらいでは取れません。
2.歯に付着した歯石に2次的に食物の色素や茶渋が着色したもの。歯石を剥がすと一緒に取れてきます。
3.うまれつき歯の表面の硬い部分(エナメル質)の形成がうまくいかない部分があったり、粗造になっているために、着色しやすい場合。この場合は擦れば取れますが、またすぐに着色します。
4.エナメル質の内部やその奥の象牙質の部分に先天的に着色していることがあります。これは着色が表面ではありませんので容易に判定できます。
5.いわゆる「虫歯」によって、エナメル質の表面が粗造になって、様々な色素が着色する場合。この場合は虫歯の治療の必要があります。
 この中では、1から4の場合が多く、虫歯という事は多くはありません。しかし、りょうさんのお子様の場合は、次回の3歳児検診までにはまだ間がありますね。一度、ご近所の先生に診ていただいた方が良いと思います。
 小児歯科の先生は勿論子供は得意ですが、一般の先生でも得意な方がおられますので、受診前に必ず電話で「2歳の子供の着色ですが診てもらえますか?」と電話で確認してから行って下さい。この時期は、定期検診をかねてフッ素を塗布しながら6か月から3か月に一度程度受診されるのが、虫歯にしないコツですよ!

根幹治療出来ず抜歯と説明されたが抜歯したくない
2006年6月17日(土)18:06:51相談者:藤
右下奥から3番目の臼歯。22歳と42歳に根幹治療済み。最近歯の近くの歯茎が腫れ膿や血が出る。3年前隣の歯の治療でかみ合わせが狂ったのが原因かもしれない。
歯科医でレントゲンを撮った結果、根に膿がたまり周りの骨が溶けている、過去の治療で歯の根の奥まで詰め物が詰められ,カブセを取るのが困難、歯の根が折れる、すでに折れているかもしれない。
抜歯するとの結論。
ここ数日,膿も出ず腫れも治まり、噛むのも全く支障無く、痛くも無い。
かみ合わせが最近やっと落ち着いてきて歯の負担が軽くなったのではないか。
歯は抜きたくないので、少し1年位,様子を見ようと思う。
膿が他の部位に重大な支障をきたすか心配です、また、骨が溶けているのや、膿は、このまま腫れがひいて調子がよくなれば自然治癒する可能性はあるのでしょうか。
また、私のケースの場合、根幹治療が出来る可能性はあるのでしょうか、教えてください。

回答 Re:根幹治療出来ず抜歯と説明されたが抜歯したくない
2006年6月18日(日)09:23:32回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 藤さん、こんにちは。第三大臼歯(親知らず)の炎症(智歯周囲炎と言います)のご質問ありがとうございます。残念ながら、私は専門外ですので、あやふやな所もありますが、知っている限りでお答えします。
 藤さんは、糖尿病によって足の末梢血管の障害が起こり、正常な組織が死んで「壊疽(えそ)」といわれる状態になる事をご存知でしょうか?簡単に言うと、生きながら足が腐っていく状態です。この場合は、末梢からどんどん体の中心部に向かって「壊疽」が進行して行き、体中に毒素がまわる事によって生命の危険があります。この場合は「壊疽」を起こした足を切断するという「苦渋の決断」をしなくてはなりません。

 智歯周囲炎の場合もこれと似ています。「膿みが出る」ということは、細菌の感染によって炎症が生じて、周囲の組織が破壊された結果です。
 私は実際に診た訳でも、レントゲンを拝見した訳でもありませんので、ここから先は想像ですが、「3年前の隣の歯の治療」や「咬み合わせ」と、炎症とはあまり結び着きません。さらに、これから神経の入っていた部分を開けて「根管治療」をしたからと言って、奥歯の根の全周に渡る炎症を治める事ができないことは、容易に想像できると思います。燃え盛る火事にバケツで水をかけるようなのもです。
 さらに、「糖尿病による壊疽」でも触れましたが「膿み」は、筋肉や組織の間隙を伝わって、心臓まで達し「心内膜炎」を併発して、親知らずの炎症によって死亡する場合もある事は、歯学部の口腔外科の講義で最初に習うことです。

 歯を抜きたい人はおりませんが、藤さんの場合はこの炎症を治めるために、やはり抜歯が必要なのではないでしょうか?
 たけしの「本当に怖い家庭の医学」のような話になってしまいました。
 抜歯するしないは、最終的には患者さんが判断する事ですが、「ここ数日,膿も出ず腫れも治まり、噛むのも全く支障無く、痛くも無い。」と言っていると、大変な事になる場合があります。もう一度、担当医と良く相談して真剣に考えた方が長生きできますよ!


矯正装置について
2006年6月8日(木)15:29:04相談者:みに
こんにちは。私は矯正治療を開始して1年3ヶ月になりますが、いまだにブラケットが装着できていません。これは普通なのでしょうか?ちなみに大学病院で治療しています。今は、1年前に上の2本を抜歯して、ずっとヘッドギアをつけています。抜歯で隠れていた親知らずが生えてきたようです。

それから、ブラケットを装着時に、治療を一時中断するということはできるのでしょうか?私は2年後に、1年間留学する予定があるのですが、その時治療の真っ最中になりそうなんです。1年なので転院するわけにもいきませんし・・・。もしリテーナーのように治療中の状態を維持するようなことはできるのでしょうか?

お返事お待ちしております。よろしくお願いします。

回答 Re:矯正装置について
2006年6月12日(月)13:38:44回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 「みに」さん、こんにちは!ブラケットの装着時期につてのご質問ありがとうございます。お答えが遅くなってゴメンなさい。そういう事情なので、ご容赦を!!
 さて、大学病院で治療されているとの事ですね。
 ヘッドギアーのみで、1年3か月という事ですが、ヘッドギアーで上の奥歯を後退してからでないと、他の歯の移動ができない事があります。この場合は、ヘッドギアーでの治療が長引く事もあります。
 しかし、「みに」さんの場合は、すでに上の2本を抜歯されていると言う事なので、ちよっとあまり想像がつきません。ぜひ、担当医にお聞き下さい。

 大学病院と言うと、最高峰の医療現場のように思われていると思いますが、実際には研究機関であり、教育機関です。もちろん、附属病院も研究や教育の場ですから、我々専門開業医のように、すべての患者さんの全責任を一人で負って治療しているのとが少し違います。
 まず、直接の担当医はほとんどの場合、歯学部を卒業されて1年目から3年目くらいまでの新人ドクターです。この担当医の上に、指導者として5年以上の経験のあるインストラクターのドクターがつきます。その上に教授、助教授、講師という偉い先生がおり、これらの先生は全てを統括します。が、時たま目の届かない事もあります。
 しかし、教育を目的とした大学病院ですから、このようなシステムをとらざるを得ない事は御了承下さい。大学の教授、助教授などの上の先生は、先進的でマスコミで取り上げられるような治療をされていますが、実際の患者さんと直接向き合うのは卒業間もない新人であることは、大学病院で治療を始められる時にはあらかじめご了解下さい。

 また、「ブラケットを装着時に、治療を一時中断する」のは不可能です。
 マルチブラケット治療中に留学される場合は、留学前に一旦装置を外して、帰国後に再度装着して治療を再開する事になると思います。これは、歯の移動もしないのにブラケットをつけているのは、虫歯や装置が壊れてしまうリスクがあるにもかかわらず、歯の移動というメリットはなにもないワケですから、一旦はずすのが常識的です。
 留学の予定がすでに決まっているようでしたら、早く担当医と相談して治療を進めてもらって下さい。2年あれば、ある程度の歯の移動は終了できる可能性があります。
 担当医にへそを曲げられないように、うまく話を持って行って下さい。


Re:矯正装置について
2006年6月14日(水)17:29:23返信者:みに
こんにちは。返信ありがとうございます。大分疑問がとれました。

ちなみに抜歯したのは、上の歯の第4大臼歯だそうです。そのため、ヘッドギアを使うことになりました。ブラケットをつけるにはもう2本ぬかなくてはならないようです。普通抜歯後はすぐブラケットが装着できるということでしょうか。それでもヘッドギアは装着が遅れるということで少し安心しました。

大学病院は治療の最先端をいっているイメージがしていたのでびっくりです。新人の方が担当されてるんですか?

あと、ご参考までにウイズ矯正歯科さんではブラケットを一旦はずすという治療例が過去にありましたか?良ければ教えてください。

回答 Re:矯正装置について
2006年6月16日(金)21:13:49回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
>新人の方が担当されるんですか?

新人だけではありませんが、もっとも長い時間お付き合いするのは新人です。

 留学が突然であれば、一旦装置をはずすこともありますが、「みに」さんの場合はすでに何年も前から解っていることなので、その期間内で治療してもらうのが、最善ではないでしょか?

>ブラケットを一旦外した治療例
私の患者さんでは、ある理由で一旦装置を外した方が一人だけおります。

乳歯から永久歯へ
2006年6月8日(木)14:07:56相談者:375
5歳8ヶ月の女の子です。下の前歯2本なんですが、乳歯が抜けずに永久歯が生えてきました。乳歯はグラグラせず、抜ける気配がありません。先日、矯正歯科に行ったのですが、(問題ないからこのままで・・・)と言われました。他の子は、永久歯が出てこれないからといって、歯医者さんで抜いてもらったそうです。この場合どちらがよいのでしょうか?乳歯の歯並びはとてもきれいですが、あまり隙間もなくズラリと生えています。このまま自然に乳歯が抜けるのを待つと、永久歯の歯並びが悪くなると思うのですが・・・
矯正歯科の先生が抜かなくていいと言っているのですが、素人ながらに、抜いたほうがいいかな?と思っております。乳歯の歯並びがいいから永久歯の歯並びもいいとは限らないのですよね?
すみませんが、教えてください。お願いします。

回答 Re:乳歯から永久歯へ
2006年6月12日(月)13:35:11回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 375さん、初めまして。お返事が遅くなって申し訳ありません。5月8日の木曜日は会議で東京へ出張しており、週末は北海道矯正歯科学会の準備と大会運営、自分でも発表と何役もだったので遅くなりました。
 さて、永久歯への生え替わりのご質問ありがとうございます。
 ご質問の主旨は
1.乳歯が抜けずに永久歯が生えて来た。
2.乳歯の歯並びは隙間もなくキレイ。
3.矯正医は「問題ないからこのままで・・・」
4.自然に乳歯が抜けるのを待つと、永久歯の歯並びが悪くなると思うが?
5.乳歯の歯並びがいいから永久歯の歯並びもいいとは限らないのですよね?
 という事ですね。
 本当にいつも聞かれる質問です。

 上記1.の乳歯が抜けずに永久歯が生えて来たのは、乳歯のせいではありません。正常な生え代わりの場合は、永久歯の歯胚(歯の芽)が交換する乳歯の真下から乳歯の根を溶かしながら徐々に外へ向かって移動してきます。下から生えてくる永久歯によって、乳歯の根が完全に溶けてなくなってしまうと、乳歯はポロッととれてしまします。しかし、永久歯の歯胚が生え替わる乳歯の真下にない場合は、乳歯の根がうまく溶けないため、乳歯が抜けないのに違う所から永久が生えて来てしまうワケです。
 つまり、この時期に乳歯を抜いたから歯並びが良くなるワケではなく、さらに抜かなかったからと言って歯並びが悪くなるワケではありません。永久歯自体の歯胚の位置や方向がズレているために、歯並びが悪くなるのです。

 これは、乳歯の歯並びが良く、隙間なく並んでいた事にヒントがあります。
 ここで、乳歯と永久歯の大きさの比較をしてみましょう。上の犬歯から前歯4本と反対側の犬歯までの永久歯の大きさと、乳歯の犬歯から反対の犬歯までの大きさでは、永久歯の方が平均7mm大きな歯が生えてきます。下の同じ部位では5mm大きな歯が生えてきます。
 このため、375さんのお嬢さんのような、生え替わりの時期には乳歯と乳歯の隙間が開いていない子は、新しく永久歯の生えて来る隙間が足りないために、歯並びが悪くなります。つまり、「乳歯の歯並びがいいから永久歯の歯並びもいいとは限らない」のではなく、「乳歯の歯並びがいい子は永久歯の歯並が悪くなる場合が多い」という事です。
 この、永久歯の生える隙間がない状態は、歯胚としてハグキの中にある時からすでに始まっており、歯胚同士が押し合いへし合いして、何とか出てくる隙間を探して、正常な方向以外にズレて生えてくるワケです。

 この、とんでもない所から生えて来た永久歯を正常な位置に修正するのは、我々矯正歯科の役割です。しかし、生えて来て直ぐの永久歯の中には、根が未完成のために移動するには早すぎる歯も少なくありません。このため、あまり早くに残っている乳歯を抜いてしまうと、しばらくそこの部分の歯がない状態になってしまいます。このため、乳歯の抜く時期にもタイミングがあります。
 矯正の先生の「問題ないからこのままで・・・」と言う意味がわかっていただけたでしょうか?
 下の歯がデコボコになると、上はもっとすごいデコボコになる可能性がありますので、将来的には矯正治療が必要になると思います。矯正の先生と仲良くしておくと、いろいろ教えてもらえますので、また相談に行ってみて下さい。



削除するメッセージにチェックを入れて パスワードを入力して「削除する」を押してください

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54
現在47ページ目を表示しています

Copyright (C) ドクターぷらざ矯正歯科サーチ All Rights Reserved
www.dp-kyousei.net