矯正歯科検索、歯列矯正情報ならドクターぷらざ矯正歯科サーチ歯列矯正相談掲示板 ドクターぷらざ矯正歯科サーチトップ
歯列矯正相談掲示板「ドクターぷらざ矯正歯科サーチ」

現在33ページ目を表示しています。 相談掲示板トップへ
相談掲示板内検索
相談掲示板内からキーワードで検索します。

調整代?
2007年4月7日(土)18:21:03相談者:dolphin
平成15年9月から矯正を始めました。現在年齢は38歳です。矯正を始める時の話では・・・期間(矯正器具をつけてる)は一年半〜二年。調整代として月に一万円、それ以上は費用はかからない、という事でした。だいたい月に一度の通院なのですが、たまに用事がありひと月あいてしまう事もあります。そんな時も行った月に一万円を支払うといった感じでしたが、最近になって行かない月の分も「調整代」という事で請求されるようになりました。「以前はそんな事はなかった」というと「それはサービス。カルテの保管とかいろいろあるので、来ても来なくても一万円は支払ってもらう」と。このような事から先生に対して不信感を持ってしまいました。問診時の時の治療期間よりだいぶ長くなっている事を指摘したら「それは平均で言った」と。調整代というものは毎月必ず払うものなのでしょうか?あと一年以内には終わりそうですが転移も可能なのですか?転院時の諸費用はどの位なのでしょうか?宜しくお願いします

回答 Re:調整代?
2007年4月15日(日)15:57:48回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 Dolphinさん、こんにちは!お返事が遅くなってごめんなさい。少し考え込んでました。
 基本的には、このような問題は患者さんと医院との契約に関わることであり、私のような第3者が口を挟むとロクなことにならないので、あまり言わない方が良いと思っていました。
 しかし、よく読んでみるとそんなワケにもいかないような気がして書いています。
 「平成15年9月から治療開始」とありますが、今月で3年7か月にもなると言うことでよね!!「初診時には1年半から2年」と言われて、3年7か月はきちんと説明すべきですね!また、「調整代として月に一万円、それ以上は費用はかからない」という事は、この先生は1年半から2年で終わる患者さんの治療費は18万円から24万円と言うことなのでしょうか??しかし、Dolphinさんは、すでに総額42万円を支払っているのですから、行かない月の調整料まで請求されて「おかしい!」とお考えになる気持ちはホントに良くわかります。
 結論から言うとやはり転院された方が良いかもしれませんネ。ぜひ、お近くの矯正歯科医か日本矯正歯科学会の認定医、日本臨床矯正歯科医会のメンバーへ相談してみて下さい。
 きっと誠意ある対応をしてくれると思いますので。
 気を落とさないで、頑張って最後まで治療を完成させ下さいね!
 あと、少しのハズですから!!



口腔外科手術-健康保険3割負担廃止?
2007年4月4日(水)18:58:11相談者:YT
矯正を始めて3年目にしてこの6月にようやく手術を出来る運びとなりました。実は今日調整しに行ったところ4月1日から健康保険3割負担ではなく全額負担になるみたいなので今度外科手術する病院で3割負担のままで出来るのか確認をとってほしいとの事。矯正する前から3割負担で手術出来ると双方の病院から聞いているのにあんまりです。何とか3割負担でしていただける方法はないのでしょうか?

回答 Re:口腔外科手術-健康保険3割負担廃止?
2007年4月10日(火)12:40:38回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 YTさん、初めまして。
 この問題は、我々にとっても今、大問題になっています。本当に大変な事になってしまいました。
 そもそも、保険でできる、できないというのは、厚生労働省からお達しが来るのです。
 そして、そのルールは厚生労働省と保険者(一般ピープルから保険料を集めて、我々医療機関に支払う組織)が決めて、我々に通達します。

 今から10年以上前には、口蓋裂の方以外の矯正治療はすべて健康保険の適用にはなっていませんでした。従って、外科手術の必要な矯正治療も矯正治療部分には保険は適用されず、外科的な処置については「顎変形症」なので、健康保険が適用されていました。当時は私も含めて、誰もこれについて深くは考えていませんでした。

 そして、おおむね10年前、手術前の矯正治療は外科手術する前に必要不可欠なので、健康保険を適用しましょうということになりました。ただし、この保険の適用には各政令指定都市の指定の医療機関となる必要があります。この指定を受けるためには歯科医師としての経験や研修、その医療機関の施設基準というものがあり、簡単に指定を受けられるものではありません。そのため、北海道ではこの指定を受けた医療機関が多いのですが、その他の地域はそれほど多くはないと聞いております。
 このため、術前矯正治療が健康保険の適用になっても、術前矯正治療は自費で、外科的な手術は保険で行なうことに、だれも疑問を持たなかったのです。

 さてここで「混合診療」という言葉を聞いた事があるでしょうか?これは、何が混合しているかと言うと、保険診療と自費診療が混合しているという意味です。健康保険で治療する場合には、この「混合診療」は行なってはならないというルールがあります。つまり、1本の虫歯を治す時に、神経の治療と土台を作る所までは保険で治療して、その上に自費で作った金属の冠を自費で被せててはいけないという事です。自費で治療できるなら、根の治療や土台の治療も自費でやって下さい。あるいは、保険を使うなら金属の冠も保険でできる範囲のものを入れて下さいと言うことです。私もこれがなぜかは解りません。しかし、これはルールですから、どうしてというものではないのです。

 さて、外科治療を行なう矯正治療に話を戻すと、自費で歯を並べて、保険で外科手術を受けるというのは、まさにこの「混合診療」ではないかと言うのが、今回の厚生労働省のご指摘です。
 このため、術前矯正治療を自費で行なった患者さんは、外科手術も自費で行なって下さいと言うことです。YTさんが、手術前矯正治療を始められる前に、この事が解っていれば対処のしようもあったのですが、昨年の厚生労働省のある大学病院に対する監査でこれが指摘され、数十億円にのぼる保険診療の報酬の返還が要求されました。もし、術前矯正治療が保険適用できる医療機関で行なわれていれば、外科手術も保険が適用になる事がお判りになると思います。

 以上、これまでの経過を書きました。患者さんにとっては、本当に晴天のへきれきのような状態で大変申し訳ないのですが、国が決めたルールですので、我々矯正歯科医にはなんともしようがありません。せめて、今後1年とかの経過措置があると良いのですが、それも残念ながら今のところ話しは聞きません。なんとか患者さんに迷惑をかけない方法として、保険で術前矯正治療を行なう事のできる医療機関への転院を勧めるしかないのではないかとの話まで出てきています。
 何の力にもなれなくて、ごめんなさい。 



乳歯生え変わり時の不安
2007年4月3日(火)07:06:27相談者:ナナ
初めまして、海外で生活しております。言葉の問題からこちらに相談させて頂きたいと思います。よろしくお願いします。
来月6歳になる息子がおります。現在、虫歯はありません。歯と歯の間には十分な隙間があります。乳歯の生え変わりは下の歯からと認識していたのですが、最近、上前歯がぐらついてきました。ネットなどで調べますと個人差があるので心配ないという事で一安心した次第ですが、気になるのは、前歯の上から永久歯(だと信じているのですが)が顔を出している事です。永久歯は歯の上から出てくるものなのでしょうか? 丸きり初心者の質問で失礼をお許しください。このまま、乳歯が抜けるまで何もせず傍観していて良いのでしょうか?それとも歯医者に行きレントゲンなど撮った方が良いでしょうか? 海外でも基本的には日本と同じ方向性で指導してくださると思われますか?キレイな歯は財産だと思っております。歯並びが乱れるのではないかととても不安です。
お忙しい中、申し訳ございませんがアドバイスよろしくお願いします。

回答 Re:乳歯生え変わり時の不安
2007年4月9日(月)18:11:04回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 ナナさん、はじめまして!!生え変わりのご質問ありがとうございます。
 結論から言うと、心配し過ぎです。
 海外での生活で、気苦労も多いと思いますが、乳歯の永久歯への生え変わりの時に、我々歯科医ができる事は、そんなに多くはありません。
 前歯の生え換わりの順序は、圧倒的に下から先に生えて来ることが多いですが、上からの子もいます。しかし、上から生えて来たからと言って、問題になるような事は何もおきませんのでご安心下さい。
 また、「乳歯をちゃんと抜かなかったから、歯並びが悪くなった」と思っている方が多いですが、原因と結果が逆です。永久歯がちゃんと乳歯の真下から生えて来なかったので、乳歯が抜けなかったのです。永久歯が生えて来る時には通常、自分が生えるべき場所の乳歯の根を溶かしながら徐々に外へ向かって出てきます。そして、根がなくなってしまった乳歯がポロリととれてしまうわけです。この時、永久歯の生えるスペース不足によって永久歯の位置がズレていると乳歯の根が吸収されずに残ってしまいます。この結果、乳歯の横から永久歯が顔を出して来るわけです。
 このような状態の時に、レントゲンを撮ってみても現状を確認する事はできますが、手の出しようがありません。もし、永久歯がずれて乳歯が残ってしまったら、この乳歯は歯医者で抜歯しなければなりません。また、前歯の歯並びは、前歯4本が生え揃ってから、矯正治療を行なって並べ治す必要があります。
 このように、現段階ではしばらく見守るしかありません。
 また、心配な事がありましたら、ご質問お待ちしております。



Re:乳歯生え変わり時の不安
2007年4月10日(火)06:04:38返信者:ナナ
お忙しい中、さっそくのお返事ありがとうございました。エキスパートである先生からお返事を頂戴し、安心して生え変わりを見守っていけます。本当にありがとうございました。

下顎の外科的手術について
2007年4月1日(日)20:29:16相談者:rit
はじめまして相談させていただきます。 最近、下顎が前に出てきてしまい、矯正をしようか悩んでいます。10年ほど前に一度矯正を行い治ったのですが、ここ2・3年のうちに下顎が出てきてしまい、元に戻ってしまいました。もう一度矯正をしたいのですが、金額が高く困難な状況です。現在、外科的手術をしようか迷っています。外科的手術を行なうと、痛みや後遺症などは残ってしまうのでしょうか? お返事よろしくお願いいたします。

回答 Re:下顎の外科的手術について
2007年4月9日(月)18:06:04回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 ritさん、こんにちは!反対咬合の後戻りの御質問ありがとうございます。
 お話から推測すると、下あごが身体の成長によってどんどん過成長となって、後戻りしてしまったようですね!この場合には、骨格自体に問題がありますので、やはり外科手術を行なって上あごを前方移動したり、下あごを後退する必要があります。しかし、舌を突き出す癖などによって、下の前歯が押しだされて後取りしてしまう場合もありますので、矯正歯科医に相談してください。できれば、以前に治療した先生に診てもらう方が良いと思います。
 さて、外科手術の痛みや後遺症ですが、下あごやあごの骨自体の形を変えるわけですから、人工的に骨折した状態になりますので、術後は腫れや痛みがあります。腫れは数週間しないと引きませんが、痛みは数日から1週間以内にはなくなりますのでご安心下さい。 後遺症で一番多いのは、知覚が鈍くなることです。下あごの骨の中心部には神経と血管が入ったトンネル状の穴があり、下あごを後退する時にこの血管や神経も折れ曲がったり、圧迫されます。このため、唇や下あごの先端部の感覚が鈍くなる事があります。また、まれに、顎の関節で音がするようになることもあります。
 これらリスクの頻度は、手術するドクターによってかなり異なります。
 幸い、私が一緒に仕事をしていただいている口腔外科の先生方は、職人肌で芸術的な手術をされますヨ!!上記のような後遺症もかなり稀です。
 やはり、腕の良い矯正医には腕の良い、口腔外科医がついていると言って良いでしょう。という事は私も腕が良いと言うことになってしまいますね!!(爆笑)



下顎の歯列
2007年3月29日(木)15:01:28相談者:はなこ
はじめまして。初めて相談させていただきます。
順調に矯正が進んでいたのですが、だんだん下の歯列の高さが上あごと平行でなくなってきました。もともときれいに並んでいたのですが、噛みあわせの関係で下の歯にもワイヤー装着しています。言葉で説明が難しいのですが、下の歯列の高さが斜めになっているのです。担当の歯科医師の先生に話をしましたが、元々下あごが曲がっているのかも知れないと言われました。しかし、元々はこれほど違和感がなかったので、今の状態がとても気になります。高さの調節をして欲しいのですが、なかなかうまく進んでいきません。顎のことも心配です。よろしくお願いします。



回答 Re:矯正治療中に下顎の歯列が非対称に
2007年4月1日(日)14:55:16回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 はなこさん、始めまして。なかなか難しい事になっているようですね!
 私にも数人の患者さんで経験がありますが、歯を並べて行くほどに、左右の非対称が目立ってくるかたがおります。多分、これは元々持っていた顎の左右の傾きを、以前の悪い歯並びや咬み合わせがカバーして目立たないようにしていたものと考えられます。
 歯並びの治療は全部の歯を柔らかいワイヤーでつないで真っすぐに並べる所から始まりますが、この時、それぞれの左右の隣同士の歯とあごとの相対的な位置関係が平均化(レベリング)されて行きます。この歯並びを平均化した時に、初めてあご自体の左右のズレが目立ってきているのだと思います。
 このあごの非対称は、歯の移動を行なうための矯正治療で修正するのは、かなりの時間と患者さんの努力が必要な場合が多いです。具体的にはゴムなどを使って修正する場合が多いと思います。ご心配は良く解りますが、少し時間がかかりますので、ちょっと頑張ってみて下さい。


Re:下顎の歯列
2007年4月7日(土)21:36:08返信者:はなこ
早速のお返事ありがとうございました。お礼が遅くなりすみません。
あごの非対称が目立ってきたというだけで、矯正のせいではないのですね。
主治医の先生からこのままの方がいいと助言されました。無理に治しても、他にしわ寄せが来るということでした。時間がかかってでも治したほうが良かったでしょうか。まだ悩みの種です。

埋伏歯
2007年3月28日(水)01:18:48相談者:JH
3月8日にこちらでご相談させていただいたJHと申します。埋伏している犬歯の影響で根の吸収がかなり進んでいて永久歯の前歯3本が少しぐらついていてあまりもたないそうです。それでもなんとか持つとこまでこのまま様子を見よう。と言うことになっていますがいいのでしょうか?犬歯は矯正で元の位置まで持っていく事になると思います。でもどうして健全な歯をこのような状態まで何もしてあげれなかったのかどうしょうもない後悔をしています。抜け落ちてしまったら前歯の分はその後どうしてあげたらいいのでしょうか?抜けたままではだめですよね?また抜け落ちる前に今、吸収されてる根を治療して元の様な元気な歯にする治療はないのでしょうか?今出来る事はどんな事があるのでしょうか?また今後抜け落ちてしまう前歯や矯正の費用も少し気がかりです。
お忙しい所申し訳ございませんがどうぞ宜しくお願いします。

回答 Re:犬歯の埋伏による前歯の根の吸収について
2007年4月1日(日)14:15:57回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 JHさん、こんにちは。犬歯の埋伏による永久歯の根の吸収についてのご質問あがとうございます。「健全な歯をこのような状態まで何もしてあげれなかったのかどうしょうもない後悔をしています」というお気持ちは大変よくわかりますよ!でも、すでに吸収してしまった根を嘆いてみても仕方ありません。この際、前向きにこれからの事を考えましょう。
 まず、やはり永久歯の前歯の根の吸収の原因になっている左右の犬歯をどける事が重要です。このための矯正治療は避けて通れませんのでご了承下さい。
 以前にも書きましたが、このような犬歯による前歯の根の吸収の頻度は意外と多いものです。当院でもかなりの数の同じような患者さんがおり、根が全長の半分くらい吸収された場合には、私も「あまり長くは保たないかも知れませんが、このまま使えるだけ使ってみましょう」と言いますが、これまで「先生!やっぱり抜けちゃいました」と言われた事はありませんょ。(笑)
 また、6年ほど前になりますが、前歯の根の長さが通常の1/3程度しかない患者さんもおりました。このかたは当時小学校5年生の女の子で、歯科衛生士さんのお嬢さんでした。このような根のコンディションが良くない状態で、矯正治療を行なって歯の移動を行なうのはかなりためらいましたが、約2年ほどで矯正治療も終了し、その後4年間拝見しておりますが、抜けてしまうような兆候はありません。確かに少しグラグラしているように思いまが、根が吸収された歯でも、長さは元の長さになる事はありませんが、大切にすれば自然に治癒して意外に保つものだなと感じております。
 JHさんのお嬢さんの前歯の根の状態がどの程度であるか解りませんが、「なんとか持つとこまでこのまま様子を見よう」という言葉には、もう少し期待を持った方が良いですよ!
 また、もしやっぱりダメでも、最近ではインプラント(人口歯根)が非常に優秀な成績を上げており、見た目も天然歯とほとんど見分けがつかないまでに進歩しておりますのでご安心下さい。昔のように若いのに入れ歯というにはならないと思います。
 今回は10歳で発見されたわけですから「早く見つかって良かった」と考えるべきです。 これからも、最悪の場合を考えて嘆くよりも、今できる事に全力をつくす事が大切ですよ!それに、思ったほど最悪の結果をたどる事は多くはないですヨ!


技術不足?
2007年3月27日(火)18:54:53相談者:まひる
こんにちは。私は約1年前から矯正を始めたものです。叢生の為上下4本の抜歯を行って始めて今では歯はだいたい綺麗に並んで隙間が少しあるくらいまでになりました。しかし見た目は綺麗になりつつあるんですが問題は奥歯です。元々奥歯の状態は良くなく歯がぎゅうぎゅうだったので【U】ではなくで【V】っぽい感じだったのですが現在だんだん6番の歯が舌側に傾いてきてなおさら【V】になってきています。歯をかみ合わせると6番の歯だけかみ合ってなく舌側に入り込んでいるのが舌で触ってかなり気になっています。かみ合わせが悪くなってしまったためがこめかみ付近の頭痛、肩こりが出てきて毎日憂鬱です。担当医は矯正専門医でなく一般歯科の先生が矯正も行っています。私の住んでいるところでは矯正歯科がないので仕方なく選んでしまったこと後悔しています。矯正中奥歯が傾くことなんてありえるんでしょうか?また傾いた奥歯をちゃんとした位置に並べるにはどのような処置をするのでしょうか?担当医には前に奥歯がだんだん傾いてきたと伝えたのですが矯正専門医でないので正直信頼がありません。。最後に奥歯を並べるのかなと始めは思っていましたが肩こり、頭痛が苦痛で。。矯正のせいでこのような症状がでることもありますか?たくさんの質問で申し訳ないのですがよろしくお願いいたします。

回答 Re:矯正治療中の奥歯の位置異常
2007年4月1日(日)14:10:06回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 まひるさん、こんにちは!治療中の奥歯の位置のズレについてのご質問ありがとうございます。辛い症状が出てきているようで、お気持ち、お察しします。
 この奥歯の位置の異常は、我々のように専門に矯正を行なっている場合でもたまに経験します。
 現在担当されている先生がどういう方か解りませんが、まひるさんのケースでは、やはり矯正を専門にしている先生に一度相談してみてはいかがでしょうか?
 肩こりや頭痛は矯正治療が原因でない事がほとんどですが、まひるさんの文章を拝見すると、もしかして奥歯の位置が原因しているかもしれないと感じました。
 私は実際に口腔内を拝見している訳ではないので、本当の所はわかりませんが、ぜひ一度お近くの日本矯正歯学会の認定医か日本臨床矯正歯科医会のメンバーにご相談下さい。


歯列矯正中なのですが
2007年3月26日(月)10:53:36相談者:NM
現在、32歳で1年前から歯列矯正を始めました。上の歯の出っ歯と、下の歯の歯並びの矯正(下前歯がでこぼこだったので)のため、上下各2本ずつの抜歯を行ってワイヤーを装着しました。
開始から丁度1年経ったのですが、最近自分の顔の頬がこけてしまったように感じています。抜歯や成人になってからの矯正治療の影響で輪郭や顔が変わってしまったり、頬がこけてしまうことはありますか?
それから、治療中の歯を見ると、確かに出っ歯と歯並びはこの1年で随分改善されたのですが、歯並びが丸みを持ったU字型ではなく、かなり細いU字型になっていて、特に奥歯が内側に入りすぎているように見えます。これも頬がこけてしまった要因なのでしょうか?通院中の先生によると、上の歯の器具は次回に外してリテイナーにするそうです。もう少し丸みをもったU字型にして頂けるよう頼んだ方がいいでしょうか?また、そういったことは可能ですか?
アドバイスよろしくお願いいたします。

回答 Re:歯列矯正中に頬はこけるのは歯列弓の型による??
2007年4月1日(日)14:06:59回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 NMさん、こんにちは。結論から言うと、歯が全て抜けてしまったのであればいざ知らず、「上の歯の出っ歯と、下の歯の歯並びの矯正」程度で、顔の頬などの側方部の輪郭までコケてしまうような事はありません。むしろ、体重の変動などによる変化の方が大きいのではなでしょうか。
 上顎前突の治療を行って、上の前歯を後退した場合には、口唇周囲の突出感の改善が大きな治療効果となりますので、この変化との相対的な関連で頬がこけて見えるのかも知れませんネ。
 頬の周囲の解剖学的な構造は、頬骨弓と言われる頬骨の部分が頬の上の部分で、下部は下あごの下顎骨の側方骨体部が支えています。この中間に上顎の歯槽突起と下顎歯槽部の骨があり、この上に歯が乗っている状態です。この歯槽部を覆うように、咬筋という顔の筋肉としては太くて大きな筋肉が乗っています。このため、歯の内、外側の移動を行なったとしても、頬部の形態にはほとんど影響を及ぼしません。その証拠に、我々は上あごの幅が狭い方に対して、上顎急速側方拡大装置(RME)という装置を使用して、6mm前後の横幅の拡大を行ないますが、この影響で頬部がふっくらするというような事はありません。
 頬がこけてしまったことと、「歯並びが丸みを持ったU字型ではなく、かなり細いU字型」との間には関連性はありませんが、これとは別の問題として、細長いU字型と感じられる歯列弓の形態が気になるようであれば、担当医に一度相談してみてはいかがでしょうか?


再治療について
2007年3月25日(日)22:53:22相談者:あいか
現在、24歳で五年ほどまえに矯正が終わりました。
矯正治療中は学生で親の進めで何となくしていたので、歯にこだわっておらず、矯正後のこともよく考えてませんでした。
しかし、最近は歯並びも後戻りしてしまいました。
私の通院していた先生は、矯正終了後もリテイナーをすることや検診のすすめなどちゃんとおしえてくださいませんでした。
いまとなって、リテイナーの重要さをしりました。すごく悔しいですが、再治療をしたいです。
再治療の場合で時間や費用も同じほどかかりますか?
そして、私にしっかりと説明してくれなかったこの歯科に再治療の費用を抑えてもらったりはできませんか?
もちろん証拠もないですが。
長くなりましたが、よろしくおねがいします。


回答 Re:再治療について
2007年3月30日(金)12:38:12回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 あいかさん、こんにちは。後戻りしてしまったのは残念ですが、ぜひ再治療を受けてください。再治療の期間や料金ですが、その医院や歯の状態によってかなりまちまちです。
 料金については、もしかすると考慮していただけるかも知れません。この時、あまり「矯正終了後もリテイナーをすることや検診についての注意がなかった」事を責めるような発言は差し控えられた方が良いと思います。言った言わないの争いになってしまうと、安く再治療してもらえるものも、再治療どころの話しではなくなるかも知れません。
 ぜひ、以前治療してもらった先生とご相談ください。再治療の料金については軽々しく言えませんが、期間については意外に半年とか一年以内に仕上がってしまう方もおります。あまり、大上段に構えなくても、お気軽に相談してみてください。



歯の動き方
2007年3月24日(土)19:03:52相談者:kei
十日前よりワイヤーをつけて乱杭歯の矯正治療をしています。ワイヤーをつけていますが、両サイドの歯に端っこが重なるように一本奥に引っ込んでいる前歯もワイヤーで引けば前にでてくるのでしょうか?素人頭では、両サイドが邪魔をして中々前に出てこられないのではないのかなー?と思いながら眺めております。どんな風に歯が動いていくのか教えていただけますか?

回答 Re:歯の動き方
2007年3月29日(木)20:51:43回答者:小笠原 潤治 ウイズ矯正歯科
 keiさん、こんにちは!いつも使用しているパソコンで、keiのの解答を書いている途中でHDがクラッシュしたため、遅くなってごめんなさい。
 さて、鋭い質問ありがとうございます。
 確かにスペースのない歯はいくら引っ張っても動きません。
 ではどのようにして、この引っ込んでいる歯のスペースを作るかということになります。このためには、引っ込んでいる歯にはブラケットを着けずに、隣の歯の間にコイル状のスプリングをギュっっと圧縮して入れて、隣の歯を平行に外側へ移動しておけば良いわけです。
 しかし、矯正治療の最初に入れるワイヤーはとても柔らかくで弾力性がある細いものを使用します。これはできるだけ歯に強すぎる力がかからないようにして、痛みも最小限にするためです。
 しかし、この細いワイヤーにこのプスリングを入れてしまうと隣の歯は平行に左右に移動はせずに、左右に傾斜しながら外側へ飛び出して行きます。これは、コイルスプリングの力に柔らかいワイヤーが負けて、ゆがんでしまうからです。
 従って、コイルスプリングはすこし太くて負けないワイヤーになってからでなければ入れられません。
 また、この柔らかくて弾力性のあるワイヤーには、少しですが引っ込んだ歯のスペースを広げる役割もあります。
 このため、治療の最初のワイヤーは隙間のない歯にも止める事になります。
 歯が移動していくイメージはつかめましたか??


Re:歯の動き方
2007年3月30日(金)12:15:57返信者:kei
小笠原先生ご返信ありがとうございました。なるほど〜!とってもよく理解できました。職人技ですね!


削除するメッセージにチェックを入れて パスワードを入力して「削除する」を押してください

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54
現在33ページ目を表示しています

Copyright (C) ドクターぷらざ矯正歯科サーチ All Rights Reserved
www.dp-kyousei.net